ソイルクリート工法 Aタイプ・Mタイプ

ソイルクリート工法 Aタイプ・Mタイプ

ソイルクリート(Aタイプ・Mタイプ)工法は、組立枠「ガッテンダー」により、鉄筋位置が適正な位置に保持でき、かつ正確な断面形状が確保されます。モルタル補強材「NAF-6 」を使用することにより、品質の高いのり枠が形成できます。 

鉄筋

工法タイプ 標準 使用可能範囲
Aタイプ D10 D10
Mタイプ D10 D10

使用鉄筋は、Aタイプが1本、Mタイプが2本です。
Mタイプは、緑化基材の安定のほか、のり面の小崩壊を抑止する目的で施工されます。どのタイプもD−10を標準とします。

組立枠「ガッテンダー」

ガッテンダーA型

ガッテンダーA型の形状

ソイルクリート工法 Aタイプに使用される組立枠です。
材質が太さ5mmの鉄線から成り、規格は長さ400mm、幅280mm、高さ90mmで、中央の凹部に鉄筋を固定します。
モルタルによって吹き上げると、標準の枠断面が確保されるようになっています。
吹付時のノズルマンの目安になっている訳です。
ガッテンダーM型

ガッテンダーM型の形状

ソイルクリート工法 Mタイプに使用される組立枠です。
材質が太さ5mmの鉄線から成り、規格は長さ400mm、幅330mm、高さ140mmで、中央上下の凹部に2本鉄筋を固定します。
モルタルによって吹き上げると、標準の枠断面が確保されるようになっています。
吹付時のノズルマンの目安になっている訳です。

標準施工図

ソイルクリート Aタイプ 標準施工図
ソイルクリート Mタイプ 標準施工図